<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

広貴マラソン大会

091028広貴マラソン大会 長坂台小マラソン大会。広貴にとって最後の大会。実は、昨年は5年生男子では1位だったが、同じ距離を走った6年生男女の1位のタイムに届かなかった。今年は、その記録を意識するがあまり、緊張もひとしお。スタート前は緊張で胃が痛くなったという。なんとか、所期の目的は達成。私は、見に行けなくて残念だったが、この緊張感が、子供を成長させてくれることだろう。こんな機会を与えてくれた学校に感謝。
山野之義 * 子供 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

真由子9歳の誕生日

 真由子の誕生日。9歳。

 昨晩、一日早くに、妻の実家でケーキを用意してくれてお祝い会。今晩は、何もしないつもりだったが、やっぱ誕生日だからと、慌てて近所のケーキ屋さんで小さなケーキを買ってくる。

 私の仕事も終え、少々遅い時間になったが、家族でささやかなお祝い。

091013


 この子たちのためにも、もっとしっかり仕事をしなくては。
山野之義 * 子供 * 23:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

広貴の成長のために

 広貴の野球。

 金沢市内いくつかの学童野球チームから何人かづつの選手が選ばれる。県内いくつかのエリアで同じように選ばれた選手たちによるチームと何試合か。公式戦というものではなく、あくまで練習の一環という感じだろうか。

 広貴にとっては、大変な刺激になったようだ。自チームでは、当たり前だと思っていた「4番キャッチャー」。選抜チームでは、スタメンで出られないこともあり、スタメンで出してもらえても打順は7番、8番。

 味方の攻撃中に3塁コーチャースボックスで戦況を見つめる広貴を見ていると、親としては、少々切ない思いにもなるが、一方では、このような機会を与えていただいた監督、コーチ、関係者に心から感謝の一言である。自分よりも上手な選手たちが、ほんの近くにでもたくさんいることがよくわかったはずだ。優秀な選手たちから多くのことを学んでほしい。

091011金沢選抜 整列 広貴は、中ほどの背番号2。自チーム6年生の中では最も背の高い広貴だが、選抜チームの中では、真ん中か真ん中より少し小さいくらい。パワーでも違いを感じたことだろう。もっとも、この時期のパワーは全く気にすることはない。ほとんどが、キャプテン番号の10かバッテリィー番号の1か2。


 でも、やっぱり、広貴が一番だなと思ったこともあったが、親バカになるので小さく書く。

 声は一番大きく、よく通る。
山野之義 * 子供 * 23:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

真由子とたくさん遊んだ

 午前中、私用をいくつか。

 昼前、真由子と地元長坂台校下学童保育のバザー。時間帯が時間帯でもあり、食事をするようなものは全て売り切れ。一通り顔を出してご挨拶。いくつか買い物。

 午後一で、用事を片付ける。ちょとかかる。

 その後、真由子と、国際交流祭、柿木畠「かきまつり」へ。私は、知人と話をしている。

091004ナン 国際色豊かなブース。真由子は、どこだったかの国の焼き鳥、その後、インド料理のナンを丸かじり。


 21世紀美術館で、広貴と真由子の書いた書道の作品が展示されている。今日が最終日ということで見に行く。二人とも「金賞」。と、耳にすれば聞こえがいいが、大賞、準大賞等々のような賞以外はすべて「金賞」。いわば、参加賞みたいなもの。それをあえて、「金賞」とするのは、うまいやり方。子供も親も気分がいいもんな。

091004まるびぃ 相変わらず、人で一杯の21世紀美術館。すごいね。こんなもんもある。


 夕方、田中展郎金沢市議会副議長就任祝賀会。ホントに嬉しそう。展郎さんらしいあったかい雰囲気。残念ながら途中で失礼し、次へ。

 その会合の場所にまで、妻と子供たちに迎えに来てもらい、その足でバッティングセンターへ。広貴。
山野之義 * 子供 * 22:19 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

「竹とうろうまつり」と「月見光路」

 午前中、久し振りに、広貴の野球の手伝い。と言っても、球拾い。

 昼前に切り上げ、地元で陳情を一つ。その後、NPOについての打ち合わせ。

 ジャズへ。まちなかのジャズ。香林坊アトリオ前広場で慶應大学ライトミュジックソサイアティの演奏。金沢らしい。それにしても、天気に恵まれなければできないイベントだ。大成功。

 私は、自転車で快適に移動。途中知った方何人かに会う。声をかけていただく。「おっ、いいね」、「若々しいね」、「また転ぶなよ(ハイ)」。

090921まちかどジャズ 早慶だけじゃない。地元大学も頑張っている。金沢大学MJS。これ、全部、まちかど。タダで聞ける。早慶も京大も国立音大も、金沢大学も、明治も金沢工業大学も。


 伊藤君子椎名豊のジョイントコンサート。すごいね。伊藤君子は、日本一のジャズボーカリストとは聞いていたが、なるほど、それはそうだろう。椎名豊のしゃべりもあったかくていい。

 椎名豊の話の中で次のような内容があった。

 「ジャズのライブは、お客さんが、静かに聞いてくれていれば、静かな演奏になるし、お客さんが、グッと盛り上がってくれれば、グッとした激しい演奏になる。全く同じ曲でも、全く違う楽曲になる。」

 色々なことに当てはまりそうな言葉だ。

 思い出した、一昨日のジャズピアニスト佐藤允彦の話の中で、こんなものもあった。ジャズの分からない私も、ジャズってこんな感じなのかなと思って聞く。

 「小さい頃から、親に言われて、ピアノを習っていた。最初は、嫌で嫌でしょうがなかった。そうこうしているうちに、大人になり、ジャズを少しかじるようになる。そのとき、小さい頃からピアノを指導いただいていた先生に、ジャズをやろうと思っていますと言いに行く。そのときのピアノの先生は、『ふ〜ん、ジャズね。じゃあ、このバッハをジャズ風に弾いてみなさい』。ジャズをかじり始めて間もないこともあり、どう演奏すればいいか分からなかった。そのときの先生の鼻で笑ったような表情が忘れられない。」

 ジャズって、そんなものなんだ。クラッシックでもなんでも当意即妙にジャズに変えることができるんだ。そう言えば、伊藤君子も、津軽弁のジャズのCDも出しているって言っていた。

 ちなみに、佐藤允彦は、それがトラウマになったか、バッハのジャズモードにとらわれていて、とうとう、そのCDも一枚出したそうだ。

 伊藤君子といい佐藤允彦といい、やっぱ、芸術家だね。

 夜、妻と子供と連れ立って、竹とうろうまつり。

090921竹とうろう池 内川スポーツ広場を借り切ってのイベント。知人も多い「39アース」の主催。それじゃなくても、たくさんのの知人が関わっている。写真は、池の周りを、竹を切って、ロウソク台にして火をつけてグルリ。

090921竹とうろう入口 入口では、竹の表面にスポンサーになってくれた企業の社名が入っている。デジカメを夜景モードにして写してみた。社名は全く読めないが、数年前の安いデジカメでもこんなことができる。このカメラ、今じゃ下取りにもならないぞ。でも、私にはこれで十分。


 その足で、まちなかで行われている、月見光路へ。

 金沢工業大学とNPO法人趣都金澤が行っている。こちらも、知人が色々関わっている。実は、私は三日連続で来ている。そして、私は、毎年来ている。いいね。まさに幻想的。

090921月見行路真由子 作品の前で、真由子。

090921月見行路広貴真由子 作品の前で、広貴と真由子。こんな光景が何年か前にもあったぞ。調べてみたら、同じような写真が2年前にあった


 「竹とうろうまつり」にしても「月見光路」にしても、こんな市民による試みがまちに厚みを増していく。行政の仕事は、その環境整備だ。
山野之義 * 子供 * 23:51 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

広貴の友だち

 朝7時過ぎより辻立ち。

 城南ブロック一斉の辻立ち。城南ブロック4名の市議会議員が、それぞれの地元で、同時刻に辻立ちを行い、馳浩の理解を求める。今回、私の辻立ちには、地元の紐野義昭県議も立ち会っていただく。紐野県議が人集めもしていただく。

 野田交差点で約50分、平和町交差点で約40分、寺町一丁目交差点で約40分。たくさんしゃべった。通勤の方たちは、そんなに聞いていないのかもしれないが、わずかの方にでも聞いていただきたく訴える。

 事務所へ、朝礼。いったん家に戻り、遅めの朝食。というか、大挙して泊まりにきた子供たちの余ったカレーライス。

 広貴も友だち連中もほとんど寝ていないのだろうが、ラジオ体操にはちゃんと行く。あいつらは、昨晩も今朝もカレーだ。そして、それでも余ったカレーを私が食べる。

 子供たちは昼前に、みんな帰ったようだ。こんなどうでもいいことが、楽しい思い出になってくれればと、一人の親として、地域の大人として心から願っている。私たちが子供たちにしてあげられる、ささやかなこと。

 今度は、真由子の友だちもたくさん遊びに来てほしい。

 しっかし、我が家はテレビもクーラーもない、昭和30年代前半のような家だ。今回の子供たちは、友だち同士で遊んでいるのだからテレビは必要もなかったろうが、この暑さでも、クーラーはなくともなんともない。ホントはなんともあったのかもしれないが、どうしようもない。それでも充分楽しんでいた。
山野之義 * 子供 * 22:16 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

一人辻立ち

 朝7時過ぎより、平和町バス停にて辻立ち。金沢市内を東西南北中の五つのブロックにわけ、ブロックを一つの単位として活動。一斉辻立ちも、ブロックで当番の日を決める。この日は、私の所属する南部ブロックは、辻立ち当番の日ではないが、当番以外でも、ハンドマイクが調達できれば都合のつく限りは、敢行することにした。8時までの約一時間、当番日でもないので一人で。

 反応はほとんど感じられないが、さすがに、知っている方も多く、軽く会釈していただいたり、声をかけていただいたりということもたまにある。それだけで嬉しいし、続けることができる唯一の原動力かもしれない。馳浩氏に万が一のことがあると、本当に大変なことになるということを、切実に述べる。

 いったん家に帰り、軽く朝食をとり、役所へ。総務常任委員会。あれ、この委員会、つい2週間程前にあったような気がするが、月一回の常任委員会なので、日程の都合で、こんなスパンになることもある。いくつか報告事項。秋以降の委員会の日程も確認。梅雨もあけたかあけないかで、秋の日程か・・・。

 さて、今日は、日中から広貴のクラスの友だちが大挙して、我が家に遊びに来る。皆でお泊り。総勢10名の子供たち。クーラーもない我が家だが、子供同士で一緒にいることが楽しいのだろう。夜は、カレーライスを皆で食べたという。シャワーは我が家と近所の同級生の家で、2班に分けて浴びる。

 私が夜の会合を終え帰って来ると、まだ、遊んでいる。こいつら今晩は寝ないで遊んでいるのだろう。広貴には、火さえ出さなければ、家に穴を開けようが、物をこぼそうが好きにしろと言ってある。

 真由子も、隅っこで一緒にいる。子供たちが友だちと元気に仲良く遊んでくれることが一番だ。あとはどうでもいい。
山野之義 * 子供 * 23:04 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

真由子が帰ってきた

 午前中、営業。今日は、馳氏のお父さん。当然、70歳代の半ばくらいであろうが、大層お元気。現役でお仕事もされているというだけあり、私のアホみたいな営業にもビクともせずについてこられる。

 午前中で2時間、ノンストップで歩く。もう、梅雨もあけたな。こんだけ暑いもんな。

 昼は、昨日てんこまつりでお世話になった、「とんかつ蔵」へ。ん?月曜日はお休みか・・。仕方がない。その後、ちょっと用事を片付ける。

 午後、営業。再び、馳氏のお父さんと。お父さんは、夕方に他の議員さんと既に予定が入っているということもあり、やはり、午前中同様2時間だけだが、ノンストップで。一度、クルマに営業グッズを補給しに戻ったとき、350mlのペットボトルのお茶を一気に飲みほす。

 私は、ソフトバンク時代のからの名残で、営業中はリズムを崩したくないので、あまり休憩したり、飲み物を口にしたりすることはしない。しかしながら、さすがに、この暑さともあいまって、歩き尽くめ、喋り尽くめで咽喉が渇く。

 気を取り直し、歩く。

 2時間歩いたところで、時間。不覚にも、内心ちょっとホッとした。ダメやね。なまくらになっとるわ。

 帰宅。今日まで、キャンプに行っていた真由子が帰ってくる。楽しかったそうだ。二日間会えなかっただけだが、いとおしくて、べたべた触っていると、暑い!と叱られる。それでも、離れない。

 家で食事。その後、馳事務所へ。明日の辻立ちのハンドマイクを取りに行く。これからは、担当の日でなくても、マイクが余っていれば、辻立ちをする。

 私のことを、しゃべりの得意な議員さんと勘違いされている方が多いが、とんでもない。全く自信もないし、毎回ドキドキしながら話す。しかも、話し終えた後は、いつも自己嫌悪に陥る。そんなこんなのコンプレックスを少しでも払拭するためにも、辻立ちはいい経験なのかもしれない。馳氏の選挙と一石二鳥に・・・、と、そんな虫のいい具合にはいかんか。
山野之義 * 子供 * 22:54 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

長坂台小夏まつり

 5時起床。新聞。

 長坂台小夏まつり。長坂台小の父親の会の名称は、若大将の会(だったかな?)。その会では、この行事に、岩魚(いわな)のつかみ取りをする。

 父親の一人に建設関係の方がいて、その方にお願いして、枠組みとブルーシートで簡易プールを作る。業者に頼んで、岩魚を200匹近く用意。子供たちに、その簡易プールで岩魚を手でつかんでもらい、割り箸で内臓を取り、その場で塩焼き。

 割り箸で内臓を取る作業を事前に、やはり、父親OBで、片町で居酒屋さんを経営する方にご指導いただく。

 何年か前にやったことを、好評につき、今年もやる。私は、以前のときには、内蔵をとる練習から本番とお手伝いできたが、今年は、日程が合わず、打ち合わせもほとんど出ることなく、いきなりこの日。

090705岩魚看板 パソコンで簡易看板を作成。まめなお父さんもいるもんだ。後片付けの際、うん、これは来年以降も使えるな、ということできれいにたたむ。ホントに来年以降もやるんかな。


090705岩魚放流 業者の方がクルマで岩魚を運ぶ。簡易プールに”放流”のように、岩魚が移動される。壮観だ。


090705岩魚子供 簡易プールに子供たちが入り、岩魚を取る。簡単にはいかない。実際、プール内で滑って、服が全部びしょぬれになった子も。どうしてもとれない子には、タモですくって、その中の岩魚をつかんでもらう。優しいお父さんたちばかりだ。実は、昨年までは、いつも同じ顔ぶれのお父さん4〜5人でなんもかもやっていたのだが、今年は、一年生のお父さんがたくさんお世話役に入っていただく。OBのお父さんも何人かお手伝いに来ていただき、ベテランお父さんの一人である私は、ほとんどお客さんモード。


 他の催しにも一通り顔を出す。保護者の方たちが中心になりながらも、先生方や地域の方もお手伝い。準備から大変だったろう。お疲れ様でした。

 私は、岩魚つかみ取りの後片付けの途中で失礼し、家に一端戻り、着替える。

 中村勲県議会議員副議長就任パーティ。私が最も尊敬する先輩議員。小さい頃から大変なご苦労をされているせいか、本当に温かい方。心からのお祝いを申し上げる。それにしてもすごい人数。実数で1000人は越していようか。

 もう一件、お伺いする。以前から、約束していた方で、長引いてしまった。申し訳ない。

 家で食事。
山野之義 * 子供 * 22:02 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

金沢市民体育大会柔道

 昨晩は、公民館の研修会で民宿のようなところで泊まる。皆さんのお話を横で聞きながら、寝たのが、2時近く。ほぼ、24時間起きていたことになる。この年で、さして差し迫った用件を片付けるというわけでなく、起きっぱなしというのは、珍しい。人生の時間を少しばかり得したような気分になる。もっとも、有効に使っていたかといわれれば、うつむいてしまう。

 この研修会で、地域の盆踊り、社会体育大会の詳細等も決めていく。社会体育大会については、最近は子供自体の数が少なくなってきたことにより、町会の連合チームが普通になってきた。しかし、町会によっては、さらなる少子化、高齢化で、より一層の組み合わせの工夫が求められることも、という話になる。地域力だけではどうにもならないテーマ。そんな中でも、こういう方たちがおられるから、地域活動が続いていくのだ。

 今朝、5時過ぎに起きる。本当は、4時に起きたかったのだが、寝過ごしてしまう。人生の時間を大いに損したような気分になる。帰る。昨晩も、次の朝早くには、クルマを運転することをわかっていたため、8時半の懇親会終了後は、ひたすら水をがぶ飲みしていたので、快適。

 朝、私用を一つ。

 金沢市民体育大会、柔道会場へ。

090628市民体育大会柔道 開会式前に選手達が準備体操、打ち込み等を繰り返す。最近の傾向として、各地の柔道教室のおかげで、小学生の柔道人口は男女問わず増えている。ところが、中学でがくんと減り、高校でさらにドカンと減る。現在、金沢市内の高校で柔道団体戦に選手を組めるのは本の数校のみ。流行の野球やサッカーの取られる。かく言う私の長男も、野球に行った。すみません。この武道館、私も、高校時代ここで試合をした。そのせいもあり、開会式の挨拶ではいつも、この武道館で試合をできることを誇りに思ってほしい、と述べる。それはそれとして、剣道、弓道も同時開催なので、駐車場が本当に不足。やはり、金沢市の武道館が欲しい。


 今日、広貴も出場する野球の大会。ポツン、ポツンと用事もあり、合間に、片付ける。いや、反対だ。用事の合間に、広貴の野球の応援。
山野之義 * 子供 * 23:58 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ