<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「わたしのいもうと」(松谷みよ子著) | main | 体重計を買った >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

「またあなたから買いたい!」

100719またあなたから買いたい またあなたから買いたい!


 ブログに書こう書こうと思いながら、何日も経ってしまった。ご存知の方も多いのではないか。

 山形新幹線での車内販売のカリスマ販売員といわれている女性が書かれたもの。三時間半の乗車時間で、7両編成のミニ新幹線。満席でも400席ほど。通常の販売員さんの売り上げは7万円ほどだが、彼女は常にその数倍。多いときには、4倍にあたる26万5千円も売り上げを上げるという。

 定員400人の車内で片道187個の駅弁を販売したこともあるという。

 信じられるか!?

 というか、ちょっと頭のいい人なら、不思議に思う。

 あのちいさな販売ワゴンの中で、果たして187個も乗せられるのか?いや、仮に新幹線車両内のどこかにストックしておけるとしても、そんなにも運ぶことが可能なのか?いや、仮に運ぶことができたとしても、当日内で召し上がってもらわなければならない駅弁を、そんなに用意できるのか?不良在庫のリスクは?

 結論みたいになるが、彼女は、駅弁の予約という、車内販売ではまったく想像さえできなかった神業を使ったのだ。では、どんなふうに?そして、どうしてそんな発想が出てきたのか?

 京セラの稲盛和夫氏によると、販売に携わる仕事の人にとっては必読の書、ということらしい。

 ぜひ、読まれたい。

 ちなみに、この女性販売員さんは、写真で見る限り、まだお若いかわいい女性である。ますます読みたくなっただろう。

 「ブログに書こう書こうと思いながら、何日も経ってしまった」あげくに書き上げたものにしては、しょぼいな。今日は暑くて疲れてんて。
山野之義 * 一夜一冊 * 20:56 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:56 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ