<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 災害当日、湯涌方面 | main | 自転車完全復活 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

東山、主計町の洪水

 7月28日早朝の金沢市内豪雨による災害。

 昨日アップした写真は、災害当日の湯涌方面に早速現状を視察しに行ったときの状態。浅野川のもっと下流にあたる、重要伝統的建造物群保存地区に指定されたばかりの主計町や東山、昌永町にもその日のうちに視察に行ったが、道が狭く、クルマから降りて歩くこともままならない状態。翌日、改めて一人で行き。色々とお話をお聞きする。

 しかし、浅野川上流部分はともかく、東山、主計町近辺は、県の河川管理事務所の責任を問う声が多い。新聞報道でも、その指摘はなされている。

 浅野川では、川岸に下りて行き、川縁を散策したりすることができる、いわゆる「親水空間」なるものが設けられている。犀川、浅野川という二つの川に挟まれたまち金沢としては大切な施策だ。川岸に下りやすいように、堤防の切れ目をいくつかわざと作ってある。その切れ目は、火災等の際は、消防車も突っ込み、浅野川の水を利用できるということも想定してある。

 もちろん、今回のような大雨など万が一のときは、堤防の切れ目にステンレス鋼材の止水壁をはめ込むという「角落とし」という処置をすることになっている。

 ここで私ももう少し確認しなければいけないのだが、その判断は、地元の方ではなく、県土木事務所内の河川管理事務所の方で行っているという。地元に委ねていないのか?

 今回、大雨により水かさがどんどん増してきたため、地元の方たちも、管理事務所に何度も連絡をとったという。ようやくおっとり刀でやってきた事務所職員は、その操作をするために必要な鍵を忘れてきたという。あわてて、その鍵を取りに行っているときに、その切れ目から河川水があふれ出し、そのまま勢いを増して東山、主計町界隈の大洪水になったという。

 もちろん、私自身その現場にいたわけでもないが、地元の複数の方から直接聞いた事でもあり、地元紙はじめいくつもの報道機関が報道されていることなので、ほぼ間違いなかろう。

 東山、主計町の方たちが今回の水害は、「人災」だと指摘する所以。

 私のところにも、原因と責任を追及し、二度とこのような怠慢がおきないようにして欲しいという電話、メールがいくつも入る。

 9月の県議会においてその真相究明と今後の対策が厳しく問われることであろう。

 県だけでない。金沢市としてもその対策及び復旧支援を国、県と連携しながらしっかりととりくんでいきたい。
山野之義 * 日記 * 22:16 * comments(2) * trackbacks(1) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:16 * - * - * pookmark

コメント

 浅野川洪水被災者に対するご支援をありがとうございます。

 浅野川梅の橋近辺の被災の状況のブログとホームページを、近所の方からいただいた写真や、お話を加えながら少しずつ更新しています。参考にしていただければ幸いです。

ホームページ:
http://asanogawa.com/
ブログ:
http://blog.asanogawa.com/
Comment by なおき @ 2008/09/07 9:14 AM
 浅野川氾濫問題を取り上げていただきありがとうございます。

 わたしの所も兼六中学運動部の先生や生徒さんを中心とした、たくさんのボランティアの皆さんの助けもあり、ようやく生活ができる程度にまで、泥撤去を行うことができました。騒然とした町並みには、まだあちこちから乾いた泥が飛びかい、窓を開けると床が砂で汚れてしまう状態ですが、懸命に働いてくださった皆さん、何度も現地に足を運び、行政に声を伝えてくださった議員の皆様には、被災者の一人として、心からお礼を申しあげます。

 その反対に、金沢市役所の対応には、理解できない点が多い。
 「道路の泥は持っていくが、個人敷地内の泥撤去は有料」だと現場の金沢市職員は、全身泥だらけの被災者を目の前にして言いました。
 「汚水を含んだ泥を、一刻も早く除去しなければ感染症のおそれもある」という住民の悲痛な叫びの電話にも、市役所の上役はNOを繰り返すばかりです。
 先生方の働きのおかげで、住民の声が届き、市は原則を曲げてくれましたが、浸水で住まいを追われた被災者もいるのに、市役所の心ない対応に住民は怒り爆発です。

 小泉、安倍内閣が目指してきた「小さな政府」の結果がこれでしょうか。いくら税金が安くなっても、本当に困った時に助けてくれない役所や政府ならいりません。

 弱い人を救えない国家は、結局、国民から見放されるのではないでしょうか。

 仕事上、介護問題についても折々お話していますが、歳出削減のあおりで、多くの施設で介護職員の給料も人並みに払えず、次々に職員が辞めています。僻地の病院・病棟は次々に閉鎖され、介護・医療は、もう既にずたずたの状態です。政局をめぐる無駄な議論の時間はあってはならないのです。早急に適切な財源の確保が必要です。

 福田改造内閣は、あまり評価されていないようですが、財政再建派が前面に出たことに、わたしは、一筋の光を見ています。

 強い人をさらに強くする政治も結構ですが、その前に、今、目の前にいる弱い人を助ける政治が行われることを、心から望みます。
Comment by なおき @ 2008/08/04 6:20 PM
コメントする









トラックバック

浅野川の氾濫の原因  県は知っていながら放置していた

この記事のポイント堤防を越えて水が溢れた昌永橋のあたりは、浅野川の計画区間で唯一、河川整備が極端に遅れていた。県はこの事実を把握しながら放置していた。7月28日、浅野川の天神橋地点における最大流量は、400立方メートル毎秒でした。計画高水流量(百年に
From 兼六園と辰巳用水を守り、ダム建設を阻止する会 (辰巳の会) @ 2008/08/16 5:05 PM
このページの先頭へ